「桜井市地域包括支援センターきずな」に関する投稿のアーカイブ

11月 認知症カフェの様子

 

今月は五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のうち、視覚に焦点を当てて脳トレを行いました。だまし絵では同じ絵を見ているはずなのに、違う絵にも見えるため、「この絵どう見える?」とみんなで話し合っていると、「あっ!」と言う驚きの声も上がり、違う絵に見える時の驚きが脳へ良い刺激を与えていたのではないでしょうか。

3

間違い探しでは、最後の1個がなかなかみつからず悪戦苦闘され、制限時間を超えてもみなさん熱心に考えておられました。

 

後半では、牛乳パックを使った小物づくりを行いました。3つの型(花瓶・小物入れ・ペン立て)から好きな形を選んでもらい、各々で装飾を楽しんでおられ、世界に一つだけの小物が出来上がりました。 21

今なら誰よりも早くお返事ができます

11月 認知症カフェのご案内

こんにちは、地域包括支援センターきずなです。

11月の認知症カフェのご案内をさせていただきます。

今月のテーマは、「脳活クイズと小物づくり」

 

人間は目から多くの情報を得ており、外部から脳に入ってくる情報のうち約80%以上が目を通して送られていると言われています。そこで、今回は視覚を使ったクイズを行い、脳をたくさん働かせて活性化させたいと思います。

そのあとには、牛乳パックを使った自宅でも使ってもらえる小物づくりをしたいと思います。

お気軽にお越しください、お待ちしております。

チラシ11

 

今なら誰よりも早くお返事ができます

10月 認知症カフェの様子

今月は、「回想法とミニ運動会」というテーマで、1964年に開催された東京オリンピックの映像や写真をみながらその頃に戻った気分で話をしました。IMG_0966

「初瀬中学校の講堂においてあるテレビでみんなで見た」、「初瀬にも聖火リレーがやってきた」という出来事や出場選手では、バレーやウェイトリフティング、マラソンの選手の名前がでてきてました。それぞれがいろんな話をしたり聞いたりすることができてうなずいたり笑いがあったりと楽しい時間でした。

ミニ運動会の前には、みんなでラジオ体操を行いました。久々にしっかりやってみるとけっこういい運動になりました。IMG_0970

その後、チームに分かれて①玉入れ、②ボーリング、③輪ゴムリレーをしました。競技となれば、みなさんも熱が入っておられました。玉入れでは、まさかの100対99、ボーリングは思ったより難しくなかなか倒れず、輪ゴムリレーでは、顔を近づけながら必死になって受け渡しをされていました。みなさんからは、「疲れたけど楽しかった」と言って帰っていただけました。

IMG_0974

ご興味のある方、行ってみたい方は気軽にお越しください。お待ちしています。

また、認知症や介護に関する相談も受けつけていますのでお声かけ下さい。

今なら誰よりも早くお返事ができます

10月 認知症カフェのご案内

こんにちは、地域包括支援センターきずなです。チラシ 10月

10月認知症カフェ「談らい 咲くらい~東の喫茶~」案内をさせていただきます。

いよいよ2020年には東京オリンピックが開催されます。今回のカフェの開催日である10月10日と言えば、今から54年前、東京で第18回オリンピック東京大会開会式が行われました。実際に観戦された方、テレビで見ていた方など当時の記憶が懐かしい方も多いのではないでしょうか。

今回は、なつかしい物や映像を見て思い出を語り合う回想法(脳を活性化し情緒を安定させ、長く続けることで認知症の進行予防やうつ状態の改善につながる可能性があるといわれています。)をもちい、当時のことを思い出し話しながら、体を動かしていきます。

ぜひお待ちしています。

また、介護や認知症のことなど相談がありましたら、別室でゆっくりと聞かせていただきますので、お声かけ下さい。

今なら誰よりも早くお返事ができます