「きび秀華苑」に関する投稿のアーカイブ

心肺停止時の対応についての研修 きび秀華苑

10/21(木)に桜井消防署から講師をお迎えして、緊急時の心肺停止時の対応について、研修をしていただき介護士・看護師・ケアマネージャーが参加しました。
AEDの使い方や心肺停止時の救命処置の手順を習いながら、実際に人形を使用しながら胸骨圧迫を実践しました。

実際やってみると、約5㎝沈むように圧迫するのは力が必要な事や、垂直に圧迫する姿勢などの指導を受けることが出来ました。
また、コロナ禍で救命方法が前回と変わっているところもありました。
介護の現場で今回の講習を活かすことはもちろんですが、その他の場面で遭遇したときは、正しい救命処置が実践でき、命を救う事が出来ると自信になりました。
今後もこのような研修は継続し、自身を持って処置できるようにサポートしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護主任 橋本

今なら誰よりも早くお返事ができます

感染対策委員会 きび秀華苑

こんにちは。急に肌寒い日が続くようになりましたが、みなさんお元気でしょうか?
10月12日、本年度に入職された方を対象に、感染委員会からの苑内研修を行いました。
内容は、施設内で流行りやすい感染症の種類や感染経路、また感染者への対応法などを中心
に講義致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

研修中に、いくつかの質問や問題を参加者に出しましたが、みなさん迷うことなく返答されており、普段からの感染症に対する関心の高さがうかがえました。
また、研修にはフィリピンからの技能実習生2人も参加していましたが、研修後のレポートは全て日本語(漢字も交えて!しかも字も綺麗!)で書かれており、レポート内容とは関係ないところで感動してしまいました。
これからますます寒くなり、感染症が流行しやすい季節になってきます。みなさんもお体には十分お気を付けください。

感染委員会より

今なら誰よりも早くお返事ができます

敬老会&栗パフェ作り きび秀華苑

9/19 花水木フロアにて敬老会栗パフェ作りを開催しました。

初めに、生き生き体操で元気に身体を動かしました。音楽に合わせて身体を動かすのが
難しかったようですが、皆さん一生懸命に参加して下さいました。

次に二人羽織をしました。ロシアンルーレットで辛子入りシュークリームが当たると
食べた本人は辛くて涙…みんなは笑いすぎて大爆笑で涙でした。(笑)

最後に、栗パフェを作り「アイスクリーム美味しい」「栗、美味しいわぁ」と
美味しく召し上がって下さいました。

記念撮影では、皆さん素敵な笑顔を見せて下さいました。
これからもお元気で長生きして下さい。

花水木フロア

今なら誰よりも早くお返事ができます

認知症サポーター養成講座開催 きび秀華苑

きび秀華苑の職員対象に9/14(火)認知症サポーター養成講座開催させていただきました。
この講座を受講した職員は、認知症サポーターデビューとなり、これできび秀華苑に勤務している職員は全員「認知症サポーター」となりました。
認知症サポーターとは、「なにか」特別な事をする人ではなく、講座を通じて認知症の正しい知識や付き合い方を理解し、自分の出来る範囲で認知症の人を応援するのが認知症サポーターです。という話からスタートしました。それぞれ、毎日の業務の中での利用者様とのかかわりを思い返しながら、理解したり、時には反省したりしながら、養成講座を受講していただきました。
認知症だから優しくするのではなく、いつも「人にやさしく」という考え方で、気持ちや時間に余裕をもってゆったりと対応できる認知症サポーターを目指してほしいという思いを伝え、講義を終えました。
介護主任   橋本

今なら誰よりも早くお返事ができます