「秀華苑アネックス館」に関する投稿のアーカイブ

あけましておめでとうございます ~秀華苑~

新年 明けましておめでとうございます。

今年は平成最後のお正月ですが、職員一丸となって力を合わせて前進していきましょう。
さらなる1年になるよう、気持ちを込めて生け花をいけました。

本年も事務所共々どうぞよろしくお願いします。

CIMG0922 CIMG0924 CIMG0931

秀華苑 事務所より

今なら誰よりも早くお返事ができます

ご利用者様の楽しみ

ご利用者様と苑内を散歩させて頂く時 天候が良ければ必ず立ち寄る場所があります。

そこは秀華苑でもあまり目立たない建物裏・・・・・

そこに足を踏み入れてご利用者様がもれなく仰る言葉・・・

「まぁ~かわいい~」

機能1機能2

秀華苑をお掃除して下さっているお掃除業者のお姉様達が 季節毎にいろんな花を

植えて下さっています。

さすがご利用者様は植物の名前を良く御存知な方が多く、花の名前を次々と教えて下さいます。

機能3機能4

ご利用者様は葉っぱをなでてみたり匂いをかいだりして、笑顔で花を観賞されます。

しかし植物の名前を良く御存知のご利用者様も下の画像にある

この植物は御存じないようで、

「これ何でんの?」とよく訊かれます

チューリップくらいなら多分 分かるのですが・・・・

この花らしき植物は、最初はそんなに大きくなかったのですが

一ヶ月程でみるみる成長してゆき 今では優に2mを超える背の高さです。

あるご利用者様がこの植物の先端の方に付いている蕾らしきものを発見され

「蕾付いてるわ!これどんな花さくんやろ?」

機能6機能5

さてどんな花が咲くのでしょうか?

私もご利用者様と共に胸をわくわくさせ 蕾(らしきもの)の成長を楽しんでおります。

                     機能訓練指導員  冷水

今なら誰よりも早くお返事ができます

身体・感染・倫理委員会を開催しました

倫理委員会では、行動指針の第4「自分がされていやなことは、

決して他人にはしない」この事は、利用者に対しても、職員間でも、絶対に守るべき姿勢である。(施設長より)

感染委員会では、「結核について」勉強しました。次回苑内研修で、ノロウィルスについて学びます。その時、嘔吐された時の吐物処理を職員1人1人が正しい方法で処理できるように徹底していくため、演習をします。各自フロアで練習しておいてください。CIMG0753

身体拘束委員会では、花王プロフェッショナルの方を講師に迎え、ノロウィルスなどの感染症への予防や対策について勉強会を行いました。

CIMG0756CIMG0763CIMG0768

感染委員では、毎年流行する感染症の対応策や高齢者がかかりやすい感染症を学び、早期発見して対応できるように日々心がけています。

※吐物処理を行う際は、使い捨てエプロン・マスク2重は必須です。処理中も吐物を踏んで菌を拡げないように注意しましょう!!

手洗い・うがいを徹底して予防をする。また早期発見をして拡げず短期間で終結できるように頑張りましょうヽ(^。^)ノ

 

今なら誰よりも早くお返事ができます

秀華苑(出雲) 委員会 上半期活動報告

◆H30.4.19、今年度、第1回目 給食・事故・業務改善委員会を開催しました。
今年度の目標設定について、話し合いました。

 

◆H30.4.26、今年度、第1回目 衛生委員会を開催しました。
5月病について、勉強しました。

 

◆H30.5.17、今年度、第1回目 身体拘束・褥瘡排泄・倫理委員会を開催しました。
倫理委員会、初回は、法人目標の遵守から始まります。
今年度、刷新した法人、理念を周知し実践する事から始めましょう。(施設長より)
排せつ支援は、技術と羞恥心への配慮が重要です。
相手の身になる…これがポイントです。

 

◆H30.6.21、感染・事故防止・業務改善委員会を開催しました。
今年度より事故防止委員会は、2ケ月に1回の開催となりました。
起きた事故の反省とフィードバックも大切ですが、それ以上に「事故を起こさない、未然に防止する」ことが重要です。
感染委員では、毎年流行する感染症の対応策や高齢者がかかりやすい感染症を学び早期に兆候を発見して対応できるように日々心掛けています。
感染委員の今年の目標は『感染拡げず、短期間で終結させる!!』を目標に頑張っていきたいと思います。

 

◆H30.7.26、給食・身体拘束・倫理委員会を開催しました。
倫理委員会では、『不適切な言葉遣い・不適切な行動』について、話し合いをしました。
給食委員会では、食べる事は生きる事です。美味しくたべて元気にすごすことを願って、管理栄養士は、日々努力してくれてます。

 

◆H30.8.16、業務改善・事故・褥瘡排泄委員会を開催しました。
業務改善委員会では、『家族様とのコミュニケーションルール』について、話し合いました。
排泄委員会では、『排泄支援加算』について、勉強しました。
今後は、排泄機能の改善を図れるように、段階を追って学んでいきます。

今なら誰よりも早くお返事ができます